石神井公園周辺メモランダム
by kazaakari
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:ほん( 4 )
本のある暮らし@練馬区立南田中図書館
古書と本と暮らしの展示あり〼
b0197979_20572250.jpgb0197979_2057960.jpg
by kazaakari | 2013-11-01 20:59 | ほん
詩と反逆と死
b0197979_074874.jpg

阿佐ヶ谷に古書「コンコ堂」先月オープン
セレクトのはっきりした古書店&内装、若いオーナーだった....
思い切りの良い値付け
「"wonderland"創刊号」なかなかの価格をつけていた

帰り際に店頭のコーナーを観ていたら
高校の頃友人から薦められ贈られた「詩と反逆と死」(大宅歩 著/文芸春秋s41年10月刊)を
見つけて思わず購入@ワンコイン....一度は手放した本だった 少し灼けあり
今、少し気恥ずかしい
********************************************
ある小さな永遠の序奏のために....より
「ほら そこに
 白雲が
 とんでいるよ
 この星の夜空に
 白い花びら
 みたいにね」
こんな 何の変哲もない 自分のことばを
はるかに くりかへし 凝視めながら
小さく微笑んで 生きてゆくのが
はてしない 永遠の道なんだ
「ねえ 君
 黙って生きてゆかうよ。」

@作者23才
*****************************************
一冊のほんが
十代の他でもない自分の感性?を
読み起こしてくれる
いまこの時に

教室の片隅で黙って「読めよ」と目でいいながら
手渡してくれた彼とは、もう多分40年以上会っていない
春先の憂鬱や
けだるい緑の吐く空気などに
何かを弄んでしまっていた頃だったのかもしれない
未来が未だ未だ見えていない

蔓薔薇の咲く窓越しの月
ショパンだったかピアノ曲
理由の見えない涙
どうしても仕上げたかった油絵
「憂鬱」の冠する詩を探す

これらが
感性のアイデンティティに足り得たのだろうか.....
密やかなDNAに

幼い日その想ひ出を
秘めた雲が
動いていく
動いていく
赤い夕日に
照らされながら
まるで夏が散っていくように
  
      1950Jun@作者15才
by kazaakari | 2011-07-14 00:55 | ほん
本の裏側
b0197979_11283100.jpg

b0197979_11274998.jpg

2011年6月4日
by kazaakari | 2011-07-03 11:30 | ほん
Recommend
@2010 Summer
★団地の時代/原武史・重松清 著 新潮選書/2010年5月刊
★心霊の文化史/吉村正和著 河出ブックス/2010年1月刊
       英国からのスピリチュアルの歴史からハワードの「田園都市」構想に触れる
★大人の東京散歩ー「昭和」を探して/鈴木伸子 著 河出文庫/2009年10月刊
★漱石の倫敦、ハワードのロンドンー田園都市への誘い/東秀紀 著 中公新書/1991年9月刊
★都市をつくる風景ー「場所」と「身体」をつなぐもの/中村良夫 著 藤原書店/2010年5月刊
★路地の匂い街の音/森まゆみ 著 旬報社/1998年9月刊
★建築からみた まち いえ たてもの のシナリオ/貝島桃代 著 INAX出版/2010年4月刊

@2010Sep
★神話が考える/福嶋亮大 著 青土社/2010年4月刊
★故郷の風景ーもの神・たま神と三つの時空/佐藤雅英 著 ちくまプリマー新書/2010年9月刊
★音は心の中で音楽になる/谷口高士 編著 北大路書房/2000年3月初版
★奇想の20世紀/荒俣宏 著 NHK出版/2000年10月刊
★神保町「二階世界」巡りー及ビ其ノ他/坂崎重盛 著 平凡社/2009年10月刊

★高遠ブックフェスティバル
http://takatobookfestival.org/

@2010Oct
★創造性とは何か/川喜田二郎 著 祥伝社新書/2010年9月刊
        「発想法」、k j 法、の故人の「創造と伝統」(1993年刊)の第一章の新書化
★「情報創造」の技術/三浦展 著 光文社新書/2010年5月刊
★日本的感性ー触覚とずらしの構造/佐々木健一 著 中公新書/2010年9月刊
★デザイン思考が世界を変える/ティム・ブラウン 著 千葉敏生 訳 ハヤカワ新書/2010年4月刊

@2010Nov
★愛の小さな歴史/港千尋 著 インスクリプト/2009年12月刊
★HIROSHIMA1958/エマニュエル・リヴァ写真 港千尋+マリー=クリスティーヌ・ドゥ・ナヴァセル編 インスクリプト/2008年11月初版
★海炭市叙景/佐藤泰志 著 小学館文庫/2010年10月刊

@2010Dec
★小説、世界の奏でる音楽/保坂和志 著 新潮社/2008年9月刊
★東京今昔歩く地図帖ー彩色絵はがき、古写真、古地図でくらべる/井口悦男・生田誠 著 
 学研ビジュアル新書/2010年11月刊
★幽冥談ー柳田國男集/東雅夫 編 ちくま文庫/2007年8月刊
★母の声、川の匂い 川田順造 著 筑摩書房/2006年1月刊
★響き合う異次元ー音・図像・身体 川田順造 編 平凡社/2010年5月刊
★話す写真ー見えないものに向かって 畠山直哉 著 小学館/2010年7月刊
★イメージの自然史ー天使から貝殻まで 田中純 著 羽鳥書店/2010年6月刊
★creatives in japanー日本の最新クリエイティブを知るキーワード bnn新社/2010年10月刊

@2011Jan~Mar
★かなしみの哲学/竹内整一 著 NHKブックス/2009年12月刊
★ことばと思考/今井むつみ 著 岩波新書/2010年10月刊
★日本の音を聴く/柴田南雄 著 岩波現代文庫/2010年10月刊
★江戸の坂・東京の坂/横関英一 著 ちくま学芸文庫/2010年11月刊
★日本人の坐り方/矢田部英正 著 集英社新書/2011年2月刊
★鉄道ひとつばなし3/原武史 著 講談社現代新書/2011年3月刊
★腐敗性物質・田村隆一自選詩集/田村隆一 著 講談社文芸文庫/2010年4月第八刷刊・1997初版
★表現の風景/富岡多恵子 著 講談社文芸文庫/2011年2月第三刷刊・1989年初版
★瞬間を生きる哲学・「今ここ」に佇む技法/古東哲明 著 筑摩選書/2011年3月刊
by kazaakari | 2010-08-10 13:37 | ほん